ダーツの投げ方には基本や種類があります。正しい投げ方で手首を使ってうまく回転を加えましょう。是非正しい投げ方の基礎を身につけましょう!
Header

ダーツがすぐに上達する正しい投げ方をマスターする

ダーツの投げ方

ダーツの投げ方

まずは、とりあえずブルに慣れることですよね。

ダーツを投げた時、指が邪 魔をせずリリースの感覚がつかみやすいので、他のグリップよりも早くコントロール性が身につきやすいのです。

まずは絶対、人のを見る。

ただ漠然と投げてたら、入って「よし」、入らんかったら「う~ん」で終わってしまう。

自分の目を使って狙うことを記憶する。

まずはきれいなフォームと、カッコイイダーツの 振舞い方をマスターして、大いに練習へと励んでちょーだい。

しかし、これからダーツを初めようとする場合にオススメするのは、「スリーフィンガー」グリップです。

そっから、自分の身体の使い方。

それが参考になるかは別として、とりあえずマネをすることから始まるじゃないですか、なんでも。

スローイングの基本的な構成は「アドレス」「テークバック」「リリース」「フォロースルー」から成り立っています。

今は、教える人がいたり、DVD観たり、いろいろあるじゃないですか。

ダーツはビリヤードのように、クールにプレーしたいスポーツです。

やりたいことのイメージを創らないとできない。

そのため、此処では「スリー フィンガー」グリップについて説明をしていきます。

本来は楽なフォームで投げた方が良いのですが、フォームの基本を知らない うちから楽な体勢で投げていると、フォームのずれに気が付きにくくなってしまいます。

ダーツのスローイングで一番重要なことは「同じフォームが維持できる」ということです。

身体で記憶するのが大事だと思うから、まずはよく打ち込向こと。

まずは「スリー フィンガー」グリップで基本を叩き込んでから、他のグリップを試してみたほうが上達が早いでしょう。

きれいなフォームで練習すれば、上達も早くなります。

そのために「どういう矢が必要なのか」とか「どういうフォームにするべきなのか」とか。

綺麗なフォームをものにすると、「上達が早い、異性にもてる」と、良いことずくめなのです。

この選手の飛びが好き、と思ったら、それをそっくりそのままやるんじゃなくて、自分の身体でそれをどうやってできるかなということを考えるのが大切です。

どのグリップを 選んでも、狙いどおりに投げやすければ問題はありません。

自分でできるイメージを作り上げる。

私が教えるスローイング(フォー ムも同様)は、かなり姿勢が苦しくなります。

供にプレーしている人からはも ちろん、知らない人からも一目置かれるようなプレーヤーになりたいものです。

それは個人個人で、身体によって変わってくるから。

動作の一つ一つに基準を持たせ ることで、毎回同じチェックをすることができ、同じ投げ方を意識的につくることができるようになります。

例えば、漠然と「ブルの本数を増やしたい」じゃなくて、その過程を見て欲しい。

ここで教えるのは、あくまでもダーツを初めたばかりの初心者用の投げ方ですので、どんどん上達していくにつれて「更 に楽に・更にスムーズに」を追いもとめて自分だけのフォームを作り上げていってちょーだい。

ダーツのグリップは、一般的に「ツーフィンガー」「スリーフィンガー」「フォーフィンガー」の3種類といわれます。

投げると 言っても、野球のボールを投げる時のように「力で投げる」のではなく、「一連の動作の中で『リリース』の瞬間に手を離す」 位の気持ちで投げてちょーだい

=============================-

ダーツを始めるには遅すぎると思わないでください、、
あなたがダーツをマスターすることは、いつでも十分可能なのです。

  • ダーツ上達法ならこれ
  • ダーツを始めるのに年令は関係ありません。
    ここで、DARTSのすべての正しいやり方、上達方法が解説されています。

    Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>