ダーツの投げ方には基本や種類があります。正しい投げ方で手首を使ってうまく回転を加えましょう。是非正しい投げ方の基礎を身につけましょう!
Header

ダーツボード

12月 13th, 2011 | Posted by darts in ダーツのルール

(ダーツボード)
・ ボードは円を20 等分してあり、外周に点数の数字が表記されています。
・ 中心にある二重の円をBULL(ブル)と言い、内側は25 点×2(ダブルブル、インナーブル、ブルズアイ)、その周囲は25 点(シングルブル、アウターブル)となっています。
・ 的には2 つの帯状の輪がある。一番外側にある輪をダブル(ダブルリング)と言い点数の2 倍、内側の輪をトリプル(トリプルリング)と言い点数の3 倍として計算します。
・ ダブル、トリプル、ブル以外のエリアはシングルと言い、周の点数そのままとして計算するのが通常のルールです。
・ ゲームの種類にもよるが、ボード上最も点数が高いのはインブルの50 点ではなく、20 トリプルの60 点になります。
1
■ダーツ(マグネット式)
ダーツボードをマグネットシートにし、先が磁石になっている矢をつかって、取り扱いが簡単で、安全にしたものです。
表は正式なダーツボードの絵柄になっており、裏は点数を表示しただけの的となっています。
取り扱いが簡単ということで、小さな子どもから高齢者まで、だれでも気軽にあそぶことができるという利点があります。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.