ダーツの投げ方には基本や種類があります。正しい投げ方で手首を使ってうまく回転を加えましょう。是非正しい投げ方の基礎を身につけましょう!
Header

Author Archives: darts

ダーツ初心者なのか、ダーツ上級者なのか

3月 10th, 2012 | Posted by darts in ダーツバー - (コメントは受け付けていません。)

メインのターゲットとなる人が、ダーツ初心者なのか、ダーツ上級者なのかによって、ダーツバーの設備や内装が随分と違ってくるのではないでしょうか。
ダーツ上級者の場合は、ダーツ用の機器にしても、バーの雰囲気にしても、求めるレベルが、ダーツ初心者とは全く違ってくるもの。
それは、ダーツ経験者のあなたならわかるでしょう。
ダーツ初心者の場合は、ダーツが上手い友達や恋人に連れてこらえる?
それとも、ダーツバーで女子会を行なうことを企画し、そのプロモーションによって、ダーツ初心者である女性を集めて、常連客に育てていくのか?
こんな感じで、主な対象者が異なってくると、大きくとダーツバーの雰囲気やサービス内容が違ってくるということが、少し理解しやすくなったはずですね?
この人の選定というのは、ダーツバーを繁盛させる事業プランを考えるまだ初期段階のものです。
このような事業プランというのを一緒に考えてくれる専門家というのがいたら、嬉しいと思うんですが。
=================
上手くなるために自力で練習を始めるには遅すぎると思わないでください、、

  • 田上泰助※筋トレ
  • あなたが能力を引き出すことは、いつでも十分可能なんですよ。
    始めるのに時期は関係ないということです。

    ダーツバーの開業後の売上増

    2月 26th, 2012 | Posted by darts in ダーツバー - (コメントは受け付けていません。)

    どの付加価値をつければ、ダーツバーの開業後の売上増に生きてくるのでしょうか?

    ダーツバーの売上を増やすためには、さまざまな検討事項があります。
    でも、まずは対象とするお客様の明確化を行っていくのが大切です。

    考えるまでもなく、すでにいくつもの競合するダーツバーがあるはずなのです。

    それらの競合相手とどのように差別化を図るかを検討するために必要なのは、自分たちが仲良くしたいお客様像がはっきりさせること。
    それができなければ、その人たちが満足してくれるダーツバーのサービスを提供することはできません。

    この点を開業時にしっかりと考えておくことで、開業後のダーツバーのコンセプトが明確になります。
    そして、もちろん、見込み客の人たちにもアプローチしやすくなるということです。
    ================
    ゴルフ上達トレーニングをするのに時期は関係ありません。

  • 菅原賢※飛ばし屋
  • 「私はどうして、ゴルフが上手くならないんだろう」と悩んでいるのはもうおしまい、
    ここで、スイング改善などのすべての正しいやり方が解説されています。

    ダーツバーを経営してみる?

    2月 18th, 2012 | Posted by darts in ダーツバー - (コメントは受け付けていません。)

    インターネットで、「ダーツバー」に地名を加えて、自分が関心がある地域のダーツバーを検索しているネットユーザーがたくさんいるのをご存知でしょうか。
    もし、ダーツバーを開店したいと思っていたとしたら、このようなネットユーザーの来店促進を行なうために、ホームページ等を駆使して、ビジネス活動を行なっていきましょう。
    ただ、自社のホームページにダーツに関心が高いネットユーザーを誘導する方法とは別に、来店を促進する方法は別になってくるでしょう。
    今回は後者を念頭に、「どの付加価値がダーツバーの開業後の売上増に生きるか?」ということで、これからダーツバーを開業する人を対象に、売上を増やす仕組み作りの基本について紹介し来ましょう。
    なお、ダーツバーの売上を増やすためには、まず、法人化して、ビジネスがしやすい体制にしておくこともよいのではないでしょうか?
    さあ、あなたも少し、開業について考えてみませんか?

    ダーツに必要な精神力

    1月 22nd, 2012 | Posted by darts in 日記 - (コメントは受け付けていません。)

    ダーツは、的確に狙いを定める高い「集中力」とその一本を狙い通りに命中させる強い「精神力」が求められる競技になっています。
    「投げる」という一見すると単純な動作の中に、さまざまな「難しさ」が存在しているのです。
    勝敗を分ける重要な局面では、トップ選手でも手が震えるもの。
    対戦相手がどうこうでなく、自分自身のメンタルの問題が勝負を分ける。
    練習もして試合にも出てというみんな同じ状況の中で、『ここぞ』という時の一本を決められる人が『強い』ということ。
    つまり、ダーツは自分との闘い。
    ダーツ場には、年齢も職種も違うさまざまな人が集まってきています。
    全く知らない初対面の人と知り合うきっかけを作ってくれるのもダーツの魅力の一つになっていますね。
    多くの人がダーツを始めてから、たくさんの仲間たちに出会えたそうです。
    あなたもダーツにチャレンジしてみませんか?
    ==================
    最近よく広告で宣伝されているバスケットボール上達練習法は

  • 中原雄※バスケ
  • 実際にこの練習法をやってみたら本当にバスケットボールが理論的に上達できた、難しかったテクニックが簡単にできるようになった、練習の仕方に関する悩みがなくなったと評価の高い方法ですね。

    ダーツ競技のやり方

    1月 7th, 2012 | Posted by darts in ダーツのルール - (コメントは受け付けていません。)

    ◆ダーツ競技のやり方
     (1)競技の進め方(スタンダードゲーム501の説明)
    ①先攻後攻を決め、1回あたり3本のダーツを投げてくださいね。
    ②プレイヤーには最初に各自501点が与えられているのです。
    ③それぞれ3本ずつ投げ、点数分501点から減算していき、先に0点になった方が勝ちとなるのです。
    ④0点になったらとはちょうど0点になったらということになります。0点に届かなかった、もしくは0点を越えて点数を出した場合は元の数値(3本投げる前の数値)から次回スタートしていってください。

    (2)ルール
    ・慣れてきたら、上記のやり方に以下のルールを追加して行っていきます。
    (本来は追加して行うが省いて行うこともあるのです)
    ①ダブルリング内のいずれかにダーツが入るまで減算しない。
    (ダブルスタートになります)
    ②最後に投げたダーツがダブルリング内に入り、且つ、そのダーツによって残り点数が0にならなければいけない。(ダブルフィニッシュになります)
    ・得点は以下のとおり計算していきましょう。
    ①数字が書かれている範囲内のみ得点がもらえるものです。
    ②白・黒の部分はシングルリング、点数×1の点数がもらえるということ。
    ③外側の赤・緑の部分はダブルリング、点数×2の点数がもらえるということになります。
    ④内側の赤・緑の部分はトリプルリング、点数×3の点数がもらえるという意味。
    ⑤中心の赤部分はシングルブルといい、25点、黒部分はダブルブルといい50点もらえることになります。

    ダーツボード

    12月 13th, 2011 | Posted by darts in ダーツのルール - (コメントは受け付けていません。)

    (ダーツボード)
    ・ ボードは円を20 等分してあり、外周に点数の数字が表記されています。
    ・ 中心にある二重の円をBULL(ブル)と言い、内側は25 点×2(ダブルブル、インナーブル、ブルズアイ)、その周囲は25 点(シングルブル、アウターブル)となっています。
    ・ 的には2 つの帯状の輪がある。一番外側にある輪をダブル(ダブルリング)と言い点数の2 倍、内側の輪をトリプル(トリプルリング)と言い点数の3 倍として計算します。
    ・ ダブル、トリプル、ブル以外のエリアはシングルと言い、周の点数そのままとして計算するのが通常のルールです。
    ・ ゲームの種類にもよるが、ボード上最も点数が高いのはインブルの50 点ではなく、20 トリプルの60 点になります。
    1
    ■ダーツ(マグネット式)
    ダーツボードをマグネットシートにし、先が磁石になっている矢をつかって、取り扱いが簡単で、安全にしたものです。
    表は正式なダーツボードの絵柄になっており、裏は点数を表示しただけの的となっています。
    取り扱いが簡単ということで、小さな子どもから高齢者まで、だれでも気軽にあそぶことができるという利点があります。

    ダーツのルール

    11月 26th, 2011 | Posted by darts in ダーツのルール - (コメントは受け付けていません。)

    ダーツボード(的)に向かってダーツ(矢)を投げ、得点を競い合うスポーツです。

    広い場所を必要とせず、ゲーム的要素もあるため、年少者から高齢者まで幅広い層の人と共に楽しむことができるスポーツです。

    (ルール)
    ・ ゲームをする時には、プレイヤーは3 本のダーツを一組として持ってください。
    ・ 参加するプレイヤーはスローイングラインに立ち、ボードに向かって3 本のダーツを投げるのです。この3 本のダーツを投げることを「1 スロー」と言ってください。
    ・ ダーツを持ってスローイングラインに立った後ダーツを誤って落としても、プレイヤーの体がスローイングラインを越えた場所につかないという条件内でなら拾うことが可能です。(ドロッピング)
    ・ ボードに刺さっているダーツの点数を計算し、ダーツをボードから引き抜いて次のプレイヤーと交代してください。
    ・ すべてのプレイヤーが一巡するまでを「ラウンド」と言い、ゲームごとに決められているラウンドまで繰り返してください。

    ================

    チップが折れたためダーツは落ちてしまった場合

    11月 19th, 2011 | Posted by darts in ダーツのマナー - (コメントは受け付けていません。)

    Q.チップが折れて残っているが、チップが折れたためダーツは落ちてしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?
    A. 日程変更をお互いの了承でOK し、管理事務局に変更の連絡をした時点で、変更は認められていますよ。
    変更が認められたあとは、変更した日付が正式な試合日となりますので、その後試合が出来ない対戦相手がデフォルトの対象となります。
    日程変更はトラブルの原因になりやすいので、出来るだけ試合日は変更せず行うのが良いと思います。
    その為のゲスト制度があります。

    ダーツのルールで決められたことは絶対か

    11月 4th, 2011 | Posted by darts in ダーツのマナー - (コメントは受け付けていません。)

    Q.ダーツのルールで決められたことは絶対?
    A.2 本目が明らかな誤反応であれば戻すことができます。
    それでフィニッシュしていた場合ゲーム終了です。
    逆に誤反応によってフィニッシュしてしまった場合でも、それはフィニッシュとみなしゲーム終了になります。

    Q.2 本目でフィニッシュしていたのに、誤反応に気付かず3 本目を投げてしまった場合は?
    A. 反応優先となりますよ。
    チップの先が残っていたとしても、先に刺さっているダーツにアタックした場合などなど、いろいろな場面が想定されるものですね。

    ダーツが誤反応でフィニッシュ

    10月 31st, 2011 | Posted by darts in ダーツのマナー - (コメントは受け付けていません。)

    すべてにおいて絶対なものではないです。
    指標と考えていただいた方が良いかもしれないですね。

    トラブルの処置として指標があることによってトラブルを未然に防ごうとしていただければよいと思います。

    また、こうしたトラブルはお互いの話し合いの上、再ゲーム行う事もよいでしょう。
    (但し、再ゲームにかかるゲーム代は個人負担となりますので注意してください)

    誤反応のフィニッシュの場合など、勝利チームも後味の悪い勝利といえると思います。

    ルール、ルールと規則に縛られることなく、お互いの立場を考え、機械の特性、ダーツの本質も踏まえて、冷静な判断を現場で行ってください。