転職の志望動機の作り方

こんな、面接マニュアルを聞いたことはありませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
志望動機を考える際は、なぜ、その企業でなければならないのかを書かなくてはなりません。
どこの企業でもやっていることではなく、その企業だけが、やっていることを話しましょう。
そして、その企業じゃなきゃダメな理由を、明確にする必要があります。
どれだけ会社のことを調べているか、で熱意が見られ、内定に一歩近づくのです。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ここまで
「志望動機が、思い浮かびません」こんな相談が、よく来ます。
面接対策のコンサルティングをしていても、志望動機が苦手な人、多いです。
こういうマニュアルが原因なのだろうと、とても残念に思います。
「どれだけ、会社のことを調べているかで熱意がわかる」
まことしやかに言われますが、ほとんど、関係ありません。
どれだけ会社のことを細かく調べていても、その会社に入社して、活躍しているイメージを持ってもらえないと、内定にはなりません。
企業が採用したいのは、「入社して活躍する人」なのです。
「志望動機が思い浮かばないんです!」こんな悩み、多いようです。
けど、ちょっと待って!!!
志望動機って・・・その企業を志望している動機(理由)ですよね。
なぜ、志望しているのに、言えないのでしょうか?
上手に言えるかどうかは別として、「思い浮かばない」ということは、その会社に行きたいと思っていないのではないでしょうか?
もう一度、振り返ってみてくださいね。
「志望動機が思い浮かばないんです!」という方に、上の質問のように
「どうして、その企業を受けたの?」と聞くと、ほとんどの方は、
ちゃんと答えられるんです。
そして反論「けど、その企業じゃなくっても、いいんですもん!」
面接マニュアルには、
>その企業だけが、やっていることを言え
>その企業じゃなきゃダメな理由を話せ
と書いてあります。これに惑わされているんですね。
その企業しかしていないような独自性がある企業は、そうそうないですし・・・
あっても、その独自性があるから志望しているとは限りません。
多くの方は、数社を併願して応募しますよね。
「その企業じゃなきゃダメな理由」を持っている人なんかほとんどいないということです。
志望動機は、その企業を志望している動機です。
だから、「なぜ、働きたいのか」を話せればいいのです。
まず、自分自身の転職の動機や理想、条件を明確にして、応募する企業が、それにマッチしていることを話せばOK。
乱暴な言い方をすれば、別の企業にも当てはまる志望動機だっていいのです。
「入社して活躍できる人」という視点で見ると、会社への熱意よりも、仕事への熱意を感じられると、安心して採用できますね。
情熱を込めて話せる志望動機が、あなたにも、きっとあるはずです。
その本当の志望動機が、面接官の心にも響くんです!


健康食品