写真の取り方

キャッチコピーの次に重要なのが、商品画像です。
入札者は商品画像をみて、商品の品質をイメージするので、商品画像は必須となります。
また、その写真の取り方ひとつで売り上げにも大きな影響を及ぼします。
商品画像が暗かったり、ピンボケしているものは、NGです。
写真を取るときは、商品の下に、画用紙や白い布を敷いて置くと綺麗にとれます。
また、衣類などは、実際に着用したところを撮ったほうが、入札者にとってイメージがしやすいのです。
余談ですが、商品画像の悪いものは、安く落札できる可能性が高いので、仕入れに利用することができます。
お試しください。


健康食品